早期の妊娠検査薬

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

早期の妊娠検査薬について

妊娠検査薬とは、妊娠初期に受精卵から分泌されるホルモン(hCG)を尿から検査することによって短時間で妊娠しているか分かるお薬です。

このホルモン(hCG)は、着床して間もない頃からすぐに分泌され始めます。通常の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査が可能となっています。

早期妊娠検査薬は、普通の妊娠検査薬より感度の良い薬を使っているため、通常判別できる妊娠の際に分泌されるホルモン(hCG)値の5分の1程度でも感知します。ですから生理予定日の3日前から確実な検査が可能なのです。

使い方は、尿を入れる使い捨ての紙コップを用意します。袋の中からテストスティックを取り出し用意しておきます。紙コップに尿を2~3センチの高さまで入れます。その後尿にテストスティックを3秒浸して取り出します。そのテストスティックを紙コップの上に横にして置いておきます。早ければ40秒ほどで結果が出ます。

5分経っても妊娠している反応(陽性反応)が出ず、妊娠の兆候が見られる方は1週間後に再度同じ方法で検査してください。15分以上経過したものの結果判定はしないでください。

価格は5本入りや10本入りで1箱になっていて、1本あたり200円前後の価格で購入できます。こちらも通販なので支払いが確認されてからの発送になり、1週間から2週間納品までに日数が掛かります。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME