モーニングアフターピルの効果・副作用

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

モーニングアフターピルの種類と効果・副作用

現在、ほとんどの病院でアフターピルとして処方するお薬が中用量ピルの「プラノバール」です。

元々緊急避妊薬として誕生したお薬というわけでは無く、避妊薬としてや、生理痛、月経前緊張症、生理不順、不妊症、生理日の変更、婦人科系の病気を治療する婦人科で処方されていた代表的なお薬ですが、現在これらの症状は低用量ピルを用いて処方されるようになりました。

かつて「ドオルトン」という中用量ピルが「プラノバール」以上に病院で処方されていましたが、こちらは「ドオルトン」の製薬会社の都合により、2007年の11月いっぱいで製造販売中止になっており、入手が困難です。

ただ、通販で購入可能だとしても、薬の有効期限はだいたい3年程度なので「ドオルトン」をこれから通販等で購入される際はご注意ください。

現在は未だ病院で処方されていませんが、個人輸入の通販などで購入可能なアフターピルは「ノルレボ」は世界の約60カ国で販売されています。日本ではようやく治験へ向かっており、「そーせい」という販売権を持つ会社が着々と準備を始めています。

病院で処方されるようになるのは、そう遠い未来では無いかもしれません。この「ノルレボ」のジェネリック商品としてアイピルがあり、個人輸入の通販が可能です。

アフターピルの効果は、時間を守りきちんと服用すれば避妊できる成功率は98%以上です。アフターピルによって起こる副作用は主に頭痛、吐き気、嘔吐、胸の張り、めまい、腹痛等です。

急激な女性ホルモンの増殖に対しての拒否反応から起こるもので、体がこのホルモン環境に慣れると不快な症状は治まってきます。だいたい24時間ほどで副作用は軽減されていきます。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME