モーニングアフターピル服用後の妊娠

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

モーニングアフターピル服用後の妊娠兆候

アフターピルの副作用には、妊娠の兆候とよく似ているものがあります。まず、「吐き気」。妊娠の兆候としては「つわり」と言われています。

そして「胸の張り」。これはアフターピルを服用していなくても、排卵日を過ぎた辺りから生理になるまでの時期に感じる人も多いはずで、妊娠の兆候でもあります。

アフターピルを服用した事によって起こる副作用の「胸の張り」は、ピル服用によるホルモンの影響で乳腺が発達する事によって起こります。

アフターピルを服用した後で感じるこのようないつもと違う症状を、妊娠の兆候かもしれない・・・と不安に思う方はたくさんいます。

ではどうやって区別したら良いのでしょうか?

実は、はっきりとした区別の方法はありません。ただ、一般的に妊娠の兆候を感じる人は、早くても生理予定日を過ぎてから感じる人が多いのです。

そして実際に妊娠されていた方で、生理予定日前に妊娠の兆候を感じた人はほとんどいません。よってアフターピル服用後、すぐにこれらの症状(吐き気や胸の張り)が出た場合は、アフターピルの副作用と考えてほぼ間違いありません。

尚、消退出血との判別が紛らわしい不正出血(着床出血等)に関してですが、アフターピルを服用して3日以内のあまりにも早い出血は消退出血以外の原因も考えなければなりません。婦人科系の癌などの病気や、以前の性行為に於いての子宮外妊娠等色々考えられます。不安がある出血は医師の診察をお薦めします。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME