モーニングアフターピルの服用後の出血

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

モーニングアフターピルの服用後の出血

服用後、3日から3週間で消退出血が起こります。これはアフターピルによって子宮の内膜が剥がれ落ちる為の出血です。この出血は生理と同じ原理なのですが、ピル全般を服用した際に起こる出血を生理とは言わず、「消退出血」と言います。

消退出血はアフターピルを服用した事で大量の女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)が無理矢理子宮内膜を剥がす事によって出血が起きます。量は、個人の排卵日によっても異なるので一概に言えません。

排卵日のすぐ後にアフターピルを服用したのであれば、剥がれ落ちる子宮内膜があまり無い為出血は少量で済みますし、排卵日から日にちが経過してから服用した場合は通常の生理と近い量が出血されます。

アフターピル服用後に起こると考えられる不正出血には他にも「排卵出血」「着床出血」があります。

「排卵出血」とは生理と生理の中間(生理後およそ2週間)に排卵が起こりますが、それに伴いごく少量の出血が数日続く事があります。排卵によって子宮内膜の毛細血管が切れる事が原因で出血となりますが、生理と比べるとかなり少量です。

アフターピルの服用時が、この排卵日と重なっていて排卵出血を起こした場合、消退出血との見分けができません。

色や量も個人差があるので、はっきりと区別する事ができないのです。ただ、ほとんど毎月排卵出血を起こすような方や、たまに排卵出血がある方以外は、ほぼ消退出血で間違いないと考えて良いと思います。

受精卵が子宮に着床した際に起こる「着床出血」は、生理予定日の3日~5日前に起こる事が多いです。

アフターピルの服用時期と重なると、これも見分けが難しくなります。着床出血の量は極めて少なく、色も生理の始まりの頃のような褐色とは違い、ピンクっぽい色で出血する事が多いようです。但し、中には褐色だったという方もいます。

アフターピルを服用して出血を確認したからといって安心せずに、少しでも不安が伴う出血の場合は医師の診察、或いは妊娠検査薬で必ず確認しましょう。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME