モーニングアフターピルの服用方法

アフターピルは緊急避妊に欠かせない常備薬 - モーニングアフターピル通販

モーニングアフターピルの服用方法

アフターピルが一番効果を発揮するのは性交後72時間以内の服用です。

そもそも精子が子宮内へ入り、受精から着床するまで7日間かかります。着床すると妊娠が成立したという事で生理がストップします。

モーニングアフターピルを服用する事によって着床する前に生理(消退出血)を起こすには72時間以内の服用が目安とされています。そして24時間以内の服用だと更に避妊の効果が高くなります。

早ければ早いほどアフターピルによる避妊は確実なものとなるのです。

薬の飲み方は、72時間以内に1回目のアフターピル2錠を服用します。それからちょうど12時間後、2回目のアフターピルを2錠服用すれば完了です。

2回目の服用の際、服用時間は極めて正確に守らなくては高い効果が得られませんのでご注意ください。

~消退出血後のピル(OC)再開について~

日頃からピル(OC)を服用していて、緊急避妊薬としてモーニングアフターピルを服用した場合、その後消退出血が確認できた時点でピル(OC)の服用を再開することができます。

消退出血を最初の生理と見なしてピルを服用してください。服用開始日はピルの種類によって異なりますので、ご自身のピルの服用方法に従って服用ください。

服用方法服用後の出血アフターピル服用の失敗緊急避妊薬服用後の妊娠の兆候アフターピルの種類と効果・副作用緊急避妊薬の入手方法早期の妊娠検査薬HOME